意外と日本人の間には浸透していない

以前に比べるとエステサロンも大いに増えて脱毛が若い人中心に広まっている
様子がうかがえます。しかし、外国人(特にアメリカ人)にしてみると日本人の
女の子の脱毛意識の低さに驚くよう。化粧はばっちりなのに下半身のむだ毛の
処理には疎い、と感じるそうです。アメリカでは脱毛グッズの品揃えも日本の
比ではなくデリケートラインの脱毛は常識となっている模様。男性でも脱毛
していないとサウナに入れてもらえないこともあるとか。

この意識の差はどこから来るのかと考えてみましたが、そもそも、毛というのは
皮膚を保護するために生えているものであるから、必要ではあるのです。
ワキのように見えてしまうところは脱毛する意味はあると思いますが、
見えないところを大変な思いをしてまで脱毛をする必要があるのかどうか、
ですよね。日本人は自然と共存しようという意識が外国人より高いといわれて
います。もちろんきれいにはなりたいと思うのですが、そんな日本人の遺伝子が
脱毛しすぎることにたいしてストップをかけているのでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ