日焼けした肌の脱毛って効果があるの?

日焼けした肌の脱毛って効果があるの?

現在の脱毛エステサロンでは光脱毛、医療機関では医療レーザー脱毛が主流です。これらの脱毛は熱で毛根を処理する方法で、光やレーザーがメラニンに反応してしまうため、日焼けした肌や色素沈着がある部分の脱毛は向いていません。しかし、夏場に外での活動が多い方は、日焼けするなと言われても難しいですよね。◆日焼けした肌が脱毛に向かない理由・日焼けをすると肌は乾燥した状態になるので、脱毛施術時に痛みを感じやすくなる。・日焼けで肌が黒くなると、肌の色に反応して施術時痛みが増す。(フラッシュ脱毛、レーザー脱毛も同様です)・日焼けした肌のメラニンに反応してターゲットが分散するため脱毛効果が低下してしまう。

・日焼けした直後は肌が敏感になっているので刺激するのはよくない。日焼けしてもいいのは、脱毛が終わってからです。もし日焼けをしてしまったら、まずはほてりが治まるまで待ちましょう。そして保湿をしっかりすることです。顔用の化粧水でもボディ用の化粧水でもいいので、まず肌に水分補給をしてあげてください。そのあとその水分を閉じ込めるためにクリームも塗ってあげましょう。また、日焼け後の肌は敏感になっているので、刺激の強いものは避けること。スリミング用などのボディークリームには逆に肌をほてらせてしまうものもあるので注意が必要です。

日焼けした肌の脱毛って効果があるの?

お風呂もぬるま湯程度にして長時間入るのは避けましょう。日焼けの程度にもよりますが、エステで脱毛する2週間前は日焼けを避けること。黒くなるまで焼いてしまうとしばらくエステでの脱毛時に痛みが伴うことも。エステによっては肌の状態によって施術を断られてしまうこともあります。肌が黒いとフラッシュの光のターゲットが分散して毛根に十分なダメージが与えられないこともあるためです。こういったことから、エステで脱毛を始めるのはタイミング的に夏前は逆に良くないのです。できれば秋から初めて来年の夏に備えるというのが時期的にはいいですね。日焼けをした肌が脱毛に向かない説明をしましたが、実は日焼けした肌や色素沈着のある部分でも可能な施術があります。それは「ハイパースキン脱毛」といいます。

主流の光脱毛やレーザー脱毛は毛周期の”成長期”の毛に効果があり、毛根を熱処理しますが、ハイパースキン脱毛は毛周期の”休止期”の状態の毛穴だけに効果を発揮します。施術方法は、毛を作り出すタイミングをとらえて特殊な光を照射し、毛に成長する前の段階(発毛因子)の細胞分裂を減退させていきます。ハイパースキン脱毛機が発する光の温度は38度以上にはなりません。従来の光脱毛や医療レーザーの温度よりかなり低く、無痛脱毛とも呼ばれています。照射する光の中には美顔作用のある光線も含まれているため、脱毛を行うたびに光が肌内部でコラーゲンの生成を助け、肌細胞が活発化するので、シワやくすみ、シミなどで悩んでいた肌も美しく再生します。肌にツヤとハリが戻ってきたというクチコミも多数あります。痛みはありませんし、肌を傷める心配もありません。気になる方はサロンに問い合わせてみてくださいね。

マルバツ診断画像

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ