脱毛の種類によって脱毛効果に違いがあるの?

脱毛の種類によって脱毛効果に違いがあるの?

せっかく脱毛するなら、ちゃんとした脱毛効果がある脱毛をしたいですよね。ご存知のとおり、脱毛方法の種類には、自宅で手軽にできる脱毛方法と、脱毛サロンや専門クリニックなどの医療機関で行う脱毛方法があります。もちろん、それぞれ脱毛効果が大きく違いますし、脱毛のプロに施術してもらうとしてもご自身の「どこまでの脱毛効果を希望するのか」で、選ぶ脱毛の種類も異なってきます。まず、自宅でできる脱毛方法ですが、「自宅でできる」脱毛には、ワックスやクリーム、毛抜き、自宅用脱毛器などがあります。

ご存知のとおり、「自宅で思いついたときにすぐ脱毛ができる」のでとても手軽で簡単なのですが、あっという間にムダ毛が生えて、また気になってしまうので、結果的に脱毛効果はほんの一時的なもので、ほとんど効果はないと言ってもよいでしょう。脱毛しても数日後には肌がチクチクしてきたり、ムダ毛は皮膚の下に埋まってしまう埋没毛となって黒いポツポツが目立ってしまったり、何より肌や毛穴が炎症を起こして肌トラブルを起こしてしまうこともありますので、オススメできる脱毛方法とは言えません。

脱毛の種類によって脱毛効果に違いがあるの?

そして、脱毛サロンや皮膚科などの専門クリニックで施術してもらう脱毛は、施術を受ければ受けるだけ脱毛効果は期待通りに出ます。また、専門サロンなどの脱毛の種類は一つではありませんので、代表的な3つの脱毛法と効果の違いについてご説明しますね。1つ目は、「ニードル法」という脱毛法。毛穴に極細針を差し込んで電流などを流すことで毛根部にある再生機能を破壊する、脱毛効果が最も確実な脱毛法です。一度施術を受けたら、ムダ毛がほぼ100%生えてくることがない「永久脱毛」をご希望される方には最適な脱毛法ですが、施術時に大変強い痛みがあり、脱毛期間がとても長くかかるデメリットがあります。 つぎに、「医療レーザー脱毛」。その名のとおり、皮膚科などの専門医療機関(クリニック)で施術を受ける脱毛法です。施術を受けるためには、医師の診察が必要で、専門医の指示のもと脱毛を進めるので、万が一肌トラブルが起こったとしても的確で迅速な処置が可能なので、もっとも安全・安心な脱毛法です。

通常の「光脱毛」に比べて、光の出力レベルが高いので毛根に確実に光が照射できますし、一度の照射できる範囲も広いので、施術期間が長くかかることはありません。また、長期的な脱毛効果があるのもメリットのひとつでしょう。最後に、今、一番ポピュラーな脱毛として人気の「光脱毛」です。メラニン色素や毛根、ムダ毛などの黒い色素に反応する「フラッシュ光線」を照射して、毛根や毛乳頭を処理する脱毛法です。脱毛サロンで気軽に施術を受けられ、ほとんど痛みを感じることもなく、照射範囲が広いため1回の照射時間も短いのが嬉しいですよね。医療用レーザーより出力が弱いので脱毛効果には個人差がありますが、一定回数の施術を受けると長期的に脱毛効果が続きますよ。このように脱毛の種類によって効果はそれぞれ違いますので、ご自身が希望する最終的な脱毛効果から脱毛方法を選ぶのも良いでしょう。

マルバツ診断画像

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ