授乳中の脱毛はダメなの?

授乳中の脱毛はダメなの?

出産後は、赤ちゃん中心の生活で自分のむだ毛の処理にとれる時間は少なく、出産を機に全身脱毛を考える人も少なくはないと思います。ですが、多くの脱毛サロンや医療機関では「授乳中の脱毛はNG」とされています。それを聞いて「脱毛のレーザーや熱が母乳に影響するの?」、「母乳に何か悪影響があるのでは?」と不安に感じてしまう人も多くいます。しかし、その答えはNO、母乳に影響はありません。

脱毛に使われるレーザーの光は、毛根部の様な浅い部分までで、体の深部まで届くようなものではなく、母乳に悪い影響を与えることはありません。では、何故授乳中に脱毛ができないのでしょうか?まず、妊娠中はホルモンバランスが崩れていますが、授乳中も以前の状態まではホルモンバランスは戻っていません。引き続き、肌が敏感になっていますので、肌トラブルの可能性が高くなり、痛みも強く感じます。

授乳中の脱毛はダメなの?

また、授乳中は脳下垂体から「プロラクチン」というホルモンが多く分泌されています。このプロラクチンというホルモンは、乳腺の発達を促し、乳汁を分泌する為の働きを持っています。そしてこのホルモンは、多毛症や毛が濃くなるといった脱毛には不向きな症状を引き起こす働きがあります。このプロラクチンの影響で、せっかく脱毛しても毛が濃くなってしまう場合があり、店側としてはクレームや途中解約などを避けたい、というのが本音です。こちらも無駄にお金を使う訳ですから、お互い損ですよね。

そして何より、影響が無いとはいえ万一のことがあっては困ります。そこまでリスクを負うことはできず、店側としては「授乳中の脱毛はNG」としているのです。では、出産後いつから脱毛できるのでしょうか?それは多くのサロンや医療機関では「生理がきてから」とされています。先ほどもあったプロラクチンには排卵を抑制する働きもあるのです。そして、母体の子宮も産後の疲れが取れてきて回復してくると、プロラクチンの分泌量が減り、体が排卵にむかって準備をし始めます。そして生理が起こる訳ですから「生理=授乳期間の終了」と考えられている訳ですね。

マルバツ診断画像

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ